制作グループ / Production Group

清水 暁

Akira Shimizu

プロデューサー / Producer

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
アニメーションの制作にどういう役割があるかも知らずに、求人情報で募集を見つけて応募しました。しばらく制作進行,制作デスクをしていましたが、20代後半になった頃に、今後自分がどう進んでいくかを真剣に考えた時期があり、改めてこの仕事を続ける覚悟を決めたときにプロデューサーを目指そうと思いました。目指したい方向性が固まったタイミングで、A-1 Picturesという会社も立ち上がったというのが大きな入社のキッカケになりました。
―A-1 Picturesの良いところはどんなところだと思いますか?
スタジオとしては設備も整っていますし、スタッフにとっては制作に打ち込める良い環境ではないかと思っています。
―作品作りの際に、プロデューサーとして心掛けていることはありますか?
作品を作るときは、当然ですが監督が柱です。それをできるだけ支えたいと思っているので、監督が実現したいと思う映像だったり制作現場などを、ひとつでも実現できるようにしたい、と常に意識しています。
―プロデューサーをしていて、やりがいを感じられる部分はどこですか?
ひとつの作品には監督をはじめ演出やアニメーター、撮影や仕上げなど、たくさんの人が関わっています。表現が難しいですが、その人たちや状況がうまくハマっているな、かみ合っているなと思えた時、うれしいな、と思います。また、作品を作っている中で「今回はこれが出来た」「こんな人が来てくれた」と自分自身の中での小さな喜びがあるんですが、それを次の作品では蓄積として繋げていくことが重要だと思いますし、それができた時にやりがいを感じます。
―アニメーション業界(制作)を目指す人へのアドバイスはありますか?
業界に制作進行で入ろうと思って応募してくる方は、前情報として「徹夜が多い」,「帰れない」、「休みが無い」などのイメージを持っている方ばかりなのですが…。
実際には、そのイメージよりも厳しいです、と言うのが僕からのアドバイスです(笑)。肉体的な厳しさももちろんそうですが、一番求めているのはコミュニケーション能力であったり、処理能力であったり、一般的な社会人としての総合的な能力です。恐らく言葉で言っても体感してみないと、肉体的に厳しい中でそれを全てこなす厳しさは解らないと思いますが、とにかく“それ相応の覚悟”を持って目指してもらいたいと思います。

ページトップへ