クリエイティブグループ / Creative Group

清水 彩香

Ayaka Shimizu

撮影監督 / Composite Director

Works 関連作品

Interview インタビュー

―アニメーション業界に入ったキッカケはなんですか?
アニメの専門学校にいたころに撮影という仕事があると知って、撮影志望で就職して今に至ります。
―撮影とはどのようなお仕事でしょうか?
撮影というのは、キャラクターや背景などの素材を融合させて、最終的な画面を完成させる仕事です。テレビで放送するそのままの画をつくるのが自分のセクションだと思うとうれしいし、責任感も湧きます。完成した絵をだれよりも早く見ることができるのも役得だなと感じます。
撮影監督は、作品シリーズ全体をチェックし、バランスをとり、品質を保たなければいけません。チーム全体でともにつくっているという気持ちでつとめています。
―A-1 Picturesの良いところはどんなところだと思いますか?
アニメーションにかかわる会社のなかでは比較的規模が大きいので、そのメリットはあります。ほとんどのセクションが内部にあるので、コミュニケーションがとりやすいです。「ここ、こういうふうにしたらどうですかね」というのを、すぐに他部署の人に相談できるのはいい環境です。
―アニメーション業界(撮影)を目指す人へのアドバイスはありますか?
特別なものはいらないはずなので、何かを続けてやっていけること、あとはとにかく人と会話することが大事だと思います。監督や演出担当や、いろんな部署とコミュニケーションをとっていかなければ仕事になりませんので。撮影の仕事に生かせることとしては、自分で写真を撮ったり、映像を撮ったりしてみるといいかもしれません。そこにある素材で一つの画面を完成させるという点では共通するところもありますし、フレームの中にどう光が入ってくるのかとか、それによって画面内の物がどう見えるのかとか考えるのは撮影の仕事をしているときに考えていることに近いような気がします。
実際に仕事で使うスキルは、仕事をはじめさえすればいやでもすぐ覚えられます。あとは、仕事をする人たちが言っていることの意図をうまく汲み取っていければ、それが大きな武器になると思います。

ページトップへ