制作グループ / Production Group

清田 穣二

Joji Seita

プロデューサー / Producer

Works 関連作品

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
前職は一般の会社員でした。あるとき、毎日スーツを着て働いているのがどうしてもイヤになって、こちらの業界に入りました。内実をほとんど知らずに入ったので、驚くことがたくさんでした。こんなに膨大な絵を人の手で描いているんだと目の当たりにしたときは、やはり圧倒されましたね。
「進行」と呼ばれる、各話の制作スケジュールを管理する仕事から始まって、シリーズ全体の管理をする「デスク」を経て、作品全体の管理をマネジメントを含めて手がけるプロデューサーになりました。
―作品作りの際に、心掛けていることはありますか?
やはりスタッフをどう構成するかでしょう。原作があればまずは読み込んで、この作品に合うスタッフはどんなメンバーかと考える。候補を挙げて、あれこれ周囲と話し合いながら決めていきます。実績があって安心して任せられる人にはもちろんスタッフ入りしてもらいたいのですが、その中にも若くて意欲のある人も入れていきたい。そのあたりのバランスは考えます。
アニメ作品はよく観ますが、どうしても「これはだれが手がけているんだろう」とスタッフにばかり目が行きます。作品を純粋に楽しんでいるというよりは、常にチェックをしているという状態ですね。
いいスタッフに参加してもらうための交渉術は、とくに持ち合わせていません。愚直にお願いをするだけです。アニメが好きであることは大事だとは思いますが、プロデューサーの仕事をするうえでは、一般的な常識を備えておくことのほうが最優先かもしれません。
―仕事のやりがいとプロデューサーに必要なことは何でしょうか?
最初は「進行」として、自分の名前がテレビ画面にクレジットとして流れたときに、すごくうれしかったのを覚えています。
「進行」や「デスク」のときは、いい映像をつくるために全てを考えていればよかった。ところが「プロデューサー」になると、さらに作品もしっかり売らなければいけない。いいものをつくれば、必ずしも売れるわけではないので、そのあたりの難しさはあります。売れる法則なんてあるわけもないので、毎回、試行錯誤の連続ですね。
―今後手がけたい作品はありますか?
劇場作品をやりたいですね。テレビはどうしても、観ている人の顔を見ることができませんから。自分の手がけた作品の反応を、映画館で直接知ることができたら最高だと思います。
―アニメーション業界(制作)を目指す人へのアドバイスはありますか?
特殊な世界だと思われがちですが、この仕事をするうえであらかじめ持っておかなければいけない技能や知識は特にありません。年齢相応の一般的な常識を持ち合わせていれば十分ではないでしょうか。ほかの仕事と同じく、人間関係を円滑に築くことのできる力が、いちばん役立つと思います。その上で、アニメが好きだという情熱を持っていてくれれば嬉しいですね。

ページトップへ