制作グループ / Production Group

木田 和哉

Kazuya Kita

プロデューサー / Producer

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
映像がつくりたい、そのつくったものを誰かに見てほしいと思ったのが動機です。
A-1 Picturesを選んだのは、その当時設立間もない新しい会社でその将来性に魅力を感じたことと、ジャンルにとらわれずいろいろな方向性の作品に携われると思ったからです。
―作品作りの際に、心掛けていることはありますか?
その作品に関わった方がやってよかったと思える現場をつくることです。それは人でありスケジュールの面であり、そのほかにもさまざまな要素があります。これまでできたこともあれば、できなかったこともまだまだあるので、反省と改善の繰り返しです。   
―仕事のやりがいとプロデューサーに必要なことは何でしょうか?
作品が1本完成したときに、その話数に関わったスタッフと「よかった」と言い合えるものができたときです。これは制作進行のころから今に至るまで変わりません。
プロデューサーに必要なことは、現場をまとめる立場としてその責任に向き合い、ひとつひとつ取り組んでいくことかと思っています。
―今後手がけたい作品はありますか?
これまでファンタジーが多かったのですが、今後ジャンルの違う作品をやっていきたいと思います。ジャンルが変わると工程によってはつくり方の方向性も変わるので、そこが大変でもありおもしろくもあります。そういった経験を蓄えたのち、ゆくゆくはオリジナルの作品を目指したいです。
―アニメーション業界(制作)を目指す人へのアドバイスはありますか?
アニメをみるということだけでなく、アニメをつくるということに興味があること。また、アニメはセクションごとに多くの人の力によってつくられるので、そのまとめ役として集団作業にやりがいをもてること。個人的にはそういった点が大事かと思います。
目指すか悩んでいる方は、アニメが好きだからなんとなくではなく、自分の中に入社後の明確な目標やモチベーションがあるかを改めて確認してみると良いのではないでしょうか。

ページトップへ