クリエイティブグループ / Creative Group

門間 和弥

Kazuya Monma

CGディレクター / CG Director

Works 関連作品

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
子どもの頃から絵を描くことが好きで、よく漫画の模写などをしていました。
中学時代に『AKIRA』に出会い、それまで目にしたことのないビジュアルイメージに衝撃を受けました。その頃は『ジュラシック・パーク』など実写映画に現実と見分けがつかない様なCGが使われ始めた時代で、それに続いてアニメにもCGが使われ始めるようになってきました。その中で、手描きの美術背景と3Dを組み合わせてその中にカメラが入っていく映像があったのですが、その映像を見た時にアナログとデジタルが混ざり合った不思議な魅力を感じました。
手描きアニメと3DCGを組み合わせれば何か面白い映像が作れそう、そんな風に感じるようになっていきました。
―アニメーション制作の現場で、CGはどのように使われるようになっていますか?
これまで作画で表現されていたものが、次々にCGに置き替わっている面はあります。
以前はキャラクターを描くのにCGはあまり使われませんでしたが、今は増えてきています。これからも作品中にCGが活躍する範囲は広がっていくでしょうね。
作画さんの表現力にはまだまだ追いつけていない面もあるとは思いますが、そこから勉強させていただきながら、3Dにしか出来ない表現を模索していきたいと思っています。
―CGディレクターというお仕事に必要なスキルはありますか?
3Dソフトを扱う技術以前に、色々な引き出しを持っていることがやはり大事になると思います。
沢山の物を見て、なぜそれが良いのか、悪いのかを感じられるようになっていると良いと思います。自分なりの判断基準が土台にあると、CG技術を発揮する時に大いに役立ちます。
例えば普段見ている風景を気に留めてみるとか、そういう経験を沢山積むことは必要だと思っています。自分自身も、そういうところは心がけて日々を送るようにしています。
―アニメーション業界(CG)を目指す人へのアドバイスはありますか?
今のうちに色々な経験をしておいた方が良いと思います。仕事に就いて何らかのシーンやモノを描くとなった時、今はウェブ上でいくらでも資料を検索できますが、細かなディテールやその場の空気感など、実際に体験しないと分からないものは沢山あります。
そんな時、自分の体験の引き出しがあればより良い物作りができると思います。実地を知る時間を大切にして欲しいと思います。




「A-1 Pictures CG WORK」公開中!
みなさまに、A-1 PicturesのCG部門の仕事を知っていただくために、CGワークをご紹介するムービーを公開しました。
CGディレクター門間 和弥に関連する作品をピックアップしていますので、ぜひご覧ください。

>A-1 Pictures CG WORK!第1回「AGGRESSIVE CG」


ページトップへ