制作グループ / Production Group

山田 賢志郎

Kenshiro Yamada

プロデューサー / Producer

Works 関連作品

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
大学を卒業して一般の事務職として働いていたんですが、堅い仕事があまり好きになれずにいて。そんなとき、知り合いがアニメ業界に入って誘われたので、すぐに転職しました。高校時代は芝居をやったりと、ものづくりは好きだったので、同じ雰囲気をアニメ業界に感じました。入ってみると、働く時間が長かったりとすごくたいへんでした。
制作の進行管理を経て、作品全体の立ち上げから制作、予算なども含めて責任を持つプロデューサーの立場になりました。A-1 Picturesは規模が大きいので、プロデューサーは何人もいます。他の人の様子を見たり、相談したりすることができるのは助かります。まわりから何かを吸収しようという気があれば、経験値をどんどん上積みしていける環境ですので、A-1 Picturesにきてよかったと思っています。
―作品作りの際に、心掛けていることはありますか?
作品を立ち上げるときの大枠づくりに、最も時間をかけてしっかり取り組むことです。最初の舵取りがうまくいかないと、あとから修整するのは難しいのです。この作品にとって成功とはどこにあるのか、しっかりスタッフのベクトルを同じ向きにしておくことも大切です。制作を進行させていくうえで何か起こっても、「これは最初の目的からズレているから違うんじゃないか」、無理なスケジュールを頼むときでも、「これは売れなければいけない作品。そのためにはこのタイミングで公開するのが必須」ときちんと説明できます。
制作が進んでいるときは、常に一歩先を見ておくことも大切です。シナリオの打ち合わせをしているときなら、頭のなかではすでに実作業をする人のキャスティングを考えていますし、絵コンテの打ち合わせ時には、これは誰に描いてもらうのがいいかと思案しています。見通しを持ち、先手を打っておくというのは必要です。
―プロデューサーの仕事に必要なことは何でしょうか?
全体を俯瞰で見なければなりません。作品には常に予算、スケジュール、品質という縛りがあります。そのバランスをいつも考えております。
その3つの条件をクリアするための最善の方法を割り出していく。制作進行のときからこのバランスを考えていれば、プロデューサーになる時に、役に立つと思います。
―今後手がけたい作品はありますか?
子ども向けアニメをつくりたいと以前から考えています。
子ども時代には、アニメを観ることで何が正しくて何がいけないことなのかなどを学んだような気がします。日本において、アニメの影響は想像以上に大きいと思うのです。
プロデューサーとしてきっちり結果を出して、やりたいことを存分にやれる環境をつくっていきたいですね。
―アニメーション業界(制作)を目指す人へのアドバイスはありますか?
アニメを好きというだけなら、趣味に留めておいたほうが純粋に楽しめると思います。アニメをつくる現場に入るのであれば、「こんな作品をつくりたい」「アニメでこういうことがしてみたい」という目標を持っておいたほうがいいです。

ページトップへ