制作グループ / Production Group

五十嵐 守

Mamoru Igarashi

プロデューサー / Producer

Works 関連作品

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
会社員をしていたのですが、20代前半に『天空の城ラピュタ』を気晴らしに見直した時、こんなに人を感動させることが出来るアニメっていいかもしれないと思い、アニメーション業界に入りました。その後、お世話になった方からアニメ制作会社を立ち上げるプロジェクトを一緒にやろうと誘っていただいたことをキッカケに入社しました。
―プロデューサーの仕事とやりがいについて教えてください。
まずは、きっかけとなる一歩を作り出す仕事になりますが、プランニングから、人材、予算、完成、納品までの管理がおおまかな仕事になります。モノ作りをすることにはやりがいを感じますし、人との出会いもとても面白いです。でもこれはプロデューサー、制作進行に限らず、他部署の方も同じ気持ちだと思います。
―作品作りの際に、プロデューサーとして心掛けていることはありますか?
原作ものを預かることが多いですが、とにかく原作を読むようにしています。また、慣れで仕事をしてしまわないように戒めながらやっているつもりです。お話しをいただいた企画によってオーダーが毎回違うので、“いつもの”というような決め付けでやらないようにしています。
プロデューサーには情報がとても大事だと思っているので、常にアンテナを張るようにしています。
―A-1 Picturesの良いところはどんなところだと思いますか?
アニプレックスと関係の深い会社ということもあり、パッケージのセールスまでを意識しているプロデューサーが多いかもしれません。また、制作ラインが多いこともある一面では強みかもしれません。
―アニメーション業界(制作)を目指す人へのアドバイスはありますか?
モノ作りというのはとても楽しいです。その反面思っていた以上にシビアな世界でもあります。アニメーション業界に限らずだと思いますが、ただ「面白い」「好きだ」という気持ちだけでは、なかなか続かないと思います。逆に続けることが出来ればやりがいや、いただけるチャンスも増えてきますので、ぜひ頑張ってやりたいことを目指してほしいと思います。

ページトップへ