クリエイティブグループ / Creative Group

岡﨑 正春

Masaharu Okazaki

撮影監督 / Composite Director

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
大学時代、まだどの業種に就くか迷っていた時、アニメ好きの友人から『るろうに剣心 追憶編』を見せてもらいました。その当時は、まだデジタルへの転換期だったので、映像に実写が使われていたのが印象的でした。そこからアニメのCGやコンポジットに興味を持ち、この業界に入ろうと思いました。サテライトで進行業務を少しやり、サンライズの3DメインのD.I.D.スタジオの撮影部署に入りました。それから作品を一本丸々撮ってみたいという思いが出てきたので、ちょうど募集をしていたA-1 Picturesに入りました。
撮影という仕事自体はそもそも知りませんでした。ただ大学時代に3Dに触れる機会があり、漠然とCGをやろうと思っていたところ、アニメのCGが面白そうだなと感じて入りました。そこがCG会社の撮影部署だったので、撮影についてはほとんど業務のなかで教わりました。
―関わった作品で印象的なものはありますか?
一番印象に残っているのは、初めて撮影監督をした『青の祓魔師』です。右も左もわからず試行錯誤しましたが、大変ながらもすごく勉強になった作品です。それまでの仕事との大きな違いは、当然全カットの責任を負う立場になったことと、スタッフへの仕事の割り振り、監督や他部署と話し合って処理を決めるなどの管理業務が増えたところです。ただ、やはり撮影作業をするのも楽しいので、作業の時間が減っていくジレンマもありました。でも、僕の采配で映像の趣向が決まるのはとても楽しいですし、その映像が評価されれば素直に嬉しいです。
大変だった部分としては、燐君(『青の祓魔師』主人公・奥村燐)の出す炎です。作画のマスクや、素材はほとんどなく、撮影で炎を作る設定だったので、少し複雑な作業になりましたが、やりきれて良かったと思っています。
―撮影の仕事でやりがいを感じるのはどのようなところですか?
撮影は、作業したものがそのまま映像になって放映されるので面白いですね。ミスをするとそれもそのまま放映されてしまうわけですが(苦笑)。でも、それだけにすごくやりがいを感じています。
撮影の仕事をはじめて10年目ですが、最初は振られたカットに集中して良いものにしようという気持ちだったのが、カット単位ではなく全体になってきました。撮影監督になって、監督や他部署からの評価も直接聞けることも多くなったので、最近ではそれも楽しく、今後の仕事に役立てていきたいと思っています。また、他社も撮影部署で魅せる力がどんどん上がっているので、そこに追いつけ追い越せと、クオリティを上げていきたいです。
―作品作りの際に心掛けていることはありますか?
映像を見る人たちが何を求めているかを考えつつ、監督の求めているものを汲み取り、絵に反映させようと思っています。より自然にした方が良いかとか、ここは派手にした方が見ている人が喜ぶんじゃないかとか考えてエフェクトにも凝りますね。撮影監督としては、僕だけが考えても、僕の思考回路の中だけのアイディアしか生まれてこないので、スタッフから良い意見が出てくれば出来る限り通したいと思っています。一人一人が考えたものを総合的に活かした方が良いものが出来ると思うので、あまり独りよがりにならないようにしています。
―アニメーション業界(CG・撮影)を目指す人へのアドバイスはありますか?
どの業種にも言えることだと思うのですが、コミュニケーション能力は大事だと思います。撮影はチームで動くので、きちんと報告連絡相談が出来る人がいいですね。絵作りの部分で言えば、色々な映像に興味を持つことが大切だなと思います。アニメが好きというのはもちろん、アニメ以外の映像からも得られるものはたくさんあると思うので、多角的な視点で映像を見てそれがどのようにできているか研究できる人がいいと思います。ほかには業務がどんどんデジタル化・効率化しているので簡単なプログラムの知識もあれば良いです。実務的には、最低限のレベルがあれば仕事をしていく中で覚えていけるので、それ以外で人には負けないクリエイティブな武器があると良いと思います。

ページトップへ