制作グループ / Production Group

賀部 匠美

Narumi Kabe

プロデューサー / Producer

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
大学時代は実写の映像について学んでいたのですが、同じ映像をつくるという意味でアニメーション制作にも興味を持つようになり、こちらの世界に進みました。
最初は制作進行、次に制作デスクとして経験を積んだ後に、プロデューサーの仕事をやらせてもらえるようになりました。
いつも心がけていることとしては、クリエイターの方々に気持ちよく仕事に集中していただくことが何より大切なので、その環境づくりに注力しています。
―プロデューサーの仕事について教えてください。
アニメをつくるにあたって、まずはメインスタッフを集めてプロジェクトをスタートさせ、制作が始まればデスクなどとのやりとりを通して進行を管理し、最終的に作品を完成させるところまで責任を負います。
最初の段階で大切になるのは、監督、キャラクターデザイン、シナリオ執筆者のキャスティングです。企画が持ち上がる段階ですでに決まっていることもあれば、企画内容を見てこちらで決定していくこともあります。その作品にぴったりと合う人たちでチームを組めるかどうかが、作品を成功させるための肝になると思います。
制作がスタートしてからは、より仕事が複雑になります。工程が進むごとに、関わる人の数も増していき、新しい人と一緒に仕事をしていくことになるので。それぞれの相手ときちんとコミュニケーションをとりながら、スケジュール管理していきます。
―作品作りの際に、プロデューサーとして心掛けていることはありますか?
コミュニケーション能力でしょうか。人と接することが苦にならない人は向いていると思います。
クリエイターの方たちは作業中、机に向かう時間が長く、人と話す機会は少なくなってしまいます。休憩中などのちょっとした時間でおしゃべりすることが、大切な気分転換になる方もいらっしゃいます。そういうとき、負担にならないように、息抜きになるような話がすっとできたら、クリエイターさんの力になれるのではないでしょうか。
アニメーションが好きであることも大事ですが、皆でひとつのものをつくり上げることに喜びを見出せる人は、この仕事を楽しんでやっていけると思います。
―アニメーション業界(制作)を目指す人へのアドバイスはありますか?
映像制作の仕事は体力的に大変そうだとか、少し荒々しいイメージが先行しているようですが、何か特別なことができなければ入れない世界というわけではありません。一般常識的なことが普通にできれば問題ないと思います。
ただ、将来的なビジョンはしっかり見据えていたほうがいいですね。いずれはどんな立場でアニメ制作にかかわっていきたいか、どんな作品をつくりたいか。そのあたりの目標をしっかり持っておけば、仕事をする上での覚悟や責任感も自然と芽生えてくるのではないでしょうか。

ページトップへ