クリエイティブグループ / Creative Group

雲藤 隆太

Ryuta Undo

CGディレクター / CG Director

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
元々広告を作る印刷会社にいました。アニメーション業界にこだわっていたわけではなく、学生の頃から少し勉強していた3DCGの仕事をしたいという思いがずっとあり、映像業界全体で探してマッドハウスに入り、その後別のCG会社に移って、A-1 Picturesに来ました。はじめはどちらかというとゲーム業界に行きたいという気持ちもあってアニメの勉強をしていませんでした。ですので、現場に入ってから周りにとにかく聞いて仕事を覚えていきましたね。
実際にこの業界に入ってみると、キツい部分はあるけれど居心地がいいというか、結果的に自分に合っていると感じています。
―関わった作品で印象的なものはありますか?
どの作品もそれぞれありますが、中でも印象に残っているのは『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』という作品です。足がいっぱいある多脚戦車というのをCGで動かしましたが、独特な世界観で勉強になりました。監督の方法論も独特でしたね。面白い映像になったのではないかと、仕上がりを見て思いました。
―仕事をしていて、やりがいを感じられる部分はどこですか?
自分の作ったものがテレビや劇場の大きな画面で映されると、やはり達成感があります。その時に苦労したことが報われるというか、それがあるから続けていけるという部分はありますね。
―CGディレクターの仕事を教えてください。
一般の方がイメージしているCGの仕事って、ゲームや映画などわかりやすい形だと思うのですが、アニメにおけるCGの使い方はちょっと特殊に感じるかもしれません。やっていることはほぼ同じなのですが。具体的に説明すると、キャラクターは手描きが多く、メカ関連はCGが多いです。ただキャラクターも、引きのものは3Dになることもあるので、手描きと3DのCGとが交わりあっているところが、今のハイブリッドなアニメーションの実情なのかなと思います。
監督や演出と話し合いながらCGのオーダーを受けますが、それ以降のやり方や処理の仕方などは自由にまかせていただくことが多いです。今は優秀なスタッフがたくさんいるのでみんなで相談しながら決めていったりもします。
―仕事へのこだわりを教えてください。
あまりCGを前面に出さないように、あくまで作品の完成度を上げるために、ひとつの歯車として機能すればいいかなと思っています。CGが目立ち過ぎないようにして、作品の中でなるべく浮かないようになじませる方向で作っており、絵を見てもどこがCGなのか分からない人も多いと思います。「そんなにCG使ってるの?」って言う方もよくいらっしゃいますし。
―アニメーション業界(CG・撮影)を目指す人へのアドバイスはありますか?
スケジュールの面など厳しい時もありますけど、自分の仕事をテレビや劇場で見てもらえるという達成感があり、とてもやりがいのある仕事だと思います。また普段から視野を広くもち、色々なものを見ておいたほうが仕事に活かされるのではないでしょうか。色々なところから得たものが意外なところで仕事に活きる、というのを最近実感しています。

ページトップへ