クリエイティブグループ / Creative Group

青嶋 俊明

Toshiaki Aoshima

撮影監督 / Composite Director

Interview インタビュー

―撮影監督とはどのような仕事でしょうか?
キャラクターや背景の絵を画面上で融合させて、そこに様々な効果を付け加えることでアニメーション作品としての完成映像をつくり出します。
制作上の最後の工程になるので、映像の仕上がりに関して最終的な責任を持つポジションでもあります。
―お仕事をしていて、やりがいを感じられる部分はどこですか?
監督をはじめ、作画や色彩設計など様々なスタッフの意向や意見を取り入れながら、素材をうまく処理して一枚の画につくり込んでいく。各セクションの「がんばり」をまとめ上げるわけですから、責任も感じるし、同時にやりがいもあります。成功したときの充実感は大きいです。
―撮影監督というお仕事に必要なスキルはありますか?
アニメーション制作において絵を描かなくてもできるのが撮影の仕事ですが、描ける描けないは別にして、絵心があるかどうかは重要なポイントです。要するに、良い画・映像とはどういうものか、それを判断する基準、感性が自分の中にしっかりあるかどうかは大事ですね。
また、撮影の仕事はチームを組んで作業していくことが多いセクションですから、チームプレーができるかどうかも必要な資質です。
撮影監督としては、チームを上手く構築して動かしていく能力が問われる部分でもあります。
―印象に残ったお仕事はありますか?
「銀の匙」という作品では素朴な雰囲気を生かすという方向性で、撮影で強めに処理をかけるということはあまりしませんでした。そういった作品は、逆に処理のさじ加減が難しかったりします。強めの処理を重ねていく画づくりの方が、撮影処理としてはっきりとした効果を出しやすいというような面もあるので。
あまり手を入れ過ぎずいかに効果的に画面を引き立たせるか、そのあたりには気を配りました。
―アニメーション業界(撮影)を目指す人へのアドバイスはありますか?
アニメーション制作には多くのスタッフが関わり、それぞれ様々な役割があります。“アニメが好き”という気持ちはもちろん大事な原動力ですが、仕事として目指すのであれば、自分はその中でどんなことがしたいのかを明確にしていくことが大切だと思います。
具体的に調べてみたりすると新たな発見があったりして、より一層興味が湧いてくるんじゃないでしょうか。
とりあえずは、何でもいいのでまず動いてみる!それが一番だと思います。

ページトップへ