制作グループ / Production Group

辻 俊一

Toshikazu Tsuji

プロデューサー / Producer

Works 関連作品

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
当時、漫画、ゲーム、アニメーション業界に絞って就職活動をしていまして、最終的にアニメーション業界に入りました。
そして、勤めていたアニメーション会社で制作していた作品をA-1 Picturesで作ることになり、入社しました。
―作品作りの際に、心掛けていることはありますか?
アニメーションはエンタメ・娯楽的な要素が多いので、まずは現場のスタッフが前向きに楽しく働けることと、加えて、安定した仕事ができるような現場作りを心がけています。
―仕事のやりがいとプロデューサーに必要なことは何でしょうか?
TVシリーズなら放送した時、劇場なら公開した時に、ファンやお客さまに観てもらえたこと、その反響があったときにやりがいを感じます。
プロデューサーに必要なことはスケジュールや予算、クオリティのバランスを考えながら、スタッフの方々と円滑にすすめる能力と考えています。

―今後手がけたい作品はありますか?
いろいろな作品に携わってきましたが、それぞれに思い入れがあります。
今後もコレがやりたいというよりは、やって良かったと言ってもらえたり、自分でもそう思えるような作品に携わっていきたいです。

―アニメーション業界(制作)を目指す人へのアドバイスはありますか?
アニメーション業界に対して、やってみたい気持ちや興味があるのでしたら挑戦してみてください。やらずに後悔するのはもったいないと思います。
ただ、アニメーション業界は楽な仕事ではありません。進むと決めたら覚悟を決めて全力で考え行動してください。楽しいこと、嬉しいこともきっとあるはずです。

ページトップへ