クリエイティブグループ / Creative Group

福田 陽

Yo Fukuda

CGディレクター / CG Director

Works 関連作品

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
当時すでにCGデザイナーとして働いていたのですが、自分の関わった作品と自分の趣味嗜好とのズレを感じていました。そんな思いがあった中で「おおきく振りかぶって」と「WORKING!!」をおもしろいと感じて、中途採用に応募したのが始まりです。
―仕事をしていて、やりがいを感じられる部分はどこですか?
たくさんの才能と仕事ができることです。監督、演出、作画、美術、仕上げ、撮影など、あらゆるセクションの才能にあふれた、尊敬できる方々と仕事ができるのが最大のやりがいです。
また、優秀な制作部やサポートしてくれる業務部などクリエイティブ職以外でも、その方たちの仕事ぶりを見ると身が引き締まります。

―CGの仕事で苦労するのはどのようなところですか?
年々、作画アニメではCGの使用頻度が増えると同時に、作品ごとにCGの使い方も多様化しています。CGの最新技術を取り入れ自分のスキルをアップデートしながら、監督や演出サイドの要望を受け止められる土台を作ることを心がけていますが、A-1 Picturesでは比較的TVシリーズが多いため、その制作スピードの中で可能かどうか常に気を使っています。

―作品作りの際に心掛けていることはありますか?
どの作品も共通して心がけていることは、スケジュールをできる限り守ることです。作品全体の動向もあるので守ることが困難な状況がありますが、なるべくCGがスケジュールの足かせにはならないようにしています。

―アニメーション業界(CG)を目指す人へのアドバイスはありますか?
アニメを観てカッコいい、かわいい、キレイと思える感性と、ものを作っていて楽しいと思える気持ちがあれば、それだけで十分才能ありです。実際、3DCGの仕事の大半は簡単な機能で進行していきますし、絵がかけなくてもCGデザイナーとして大成している方もいます。「3DCGは難しそう」「絵がかけないから」という理由で「本当はやりたいんだけど・・・」という気持ちを抑えている人がいれば、ぜひ怖がらずチャレンジしてみてほしいです。

ページトップへ