クリエイティブグループ / Creative Group

宮脇 洋平

Yohei Miyawaki

撮影監督 / Composite Director

Works 関連作品

Interview インタビュー

アニメーション業界の中で、撮影という仕事を選んだ理由を教えてください。
学生のころからアニメを作っていて、1コマ1コマ絵を何枚も描き続けるという職業が自分には合わなかったのですが、作ったものがすぐにモニターで確認できるのが楽しかったので撮影を選びました。
―お仕事をしていて、やりがいを感じられる部分はどこですか?
かっこいいエフェクトを作って画面が華やかなものになったり、ピリッと締まったものになったときにアドレナリンが大量放出されます。その画を他のスタッフや、視聴者の方に気に入ってもらえた時が一番うれしいです。
―撮影監督の仕事で苦労するのはどのようなところですか?
スケジュールとクオリティのバランスを取ることです。撮影は最後のセクションということもあり、どうしてもスケジュールが詰まってしまうので、限られた時間の中でどこまでならやれるかを常に判断していかなければならないところがとても苦労します。
―作品作りの際に心掛けていることはありますか?
それぞれ作品のテイストや方向性にあった処理になっているか、常に気にかけるようにしています。その上で自分のやりたいことやイメージを、時間の許す限り出せるように努めています。また、新しい技術や表現は積極的に取り入れるようにしています。
―アニメーション業界(撮影)を目指す人へのアドバイスはありますか?
映像だけでなく、いろんなことに積極的に興味をもって経験することが大切です。その経験が自身の引き出しを増やし、よりよい映像を作ることにつながると思います。
また、情報収集のアンテナは常に高くしていたほうが良いです。流行の映像を把握しておくことはもちろんですが、古典と呼ばれるものや昔の有名な作品も見ておくべきだと思います。
あとは、厳しいスケジュールの中で、他のスタッフと円滑に作業を進めなければならないので、やはりコミュニケーション能力も重要だと思います。

ページトップへ