制作グループ / Production Group

福島 祐一

Yuichi Fukushima

プロデューサー / Producer

Interview インタビュー

―アニメーション業界とA-1 Picturesに入ったキッカケはなんですか?
『攻殻機動隊』や『フリクリ』という作品が学生時代好きで、たまたま見た『PEACE MAKER鐵』という作品の冒頭がとてもカッコよくて、見終わったあとのクレジットにGONZOと出ていたのでGONZOを受けました。どうやって、作っているのだろうかと興味がわいた事がアニメーション業界に入ったキッカケです。その後、先輩に誘われて『鉄腕バーディー2』に参加できるという話があったのでA-1 Picturesに入りました。
―制作デスクを経て、今回よりプロデューサーということですが、どのように感じていますか?
デスク時も作品には深く関わっていましたが、制作現場の代表として、作品に関わる様々な人たちとのやりとりがあり、言葉や行動の責任の重みを感じています。やっていきたい事としては、今もそうなのですが、自分が良いと思うクリエーターが脚光をあびて活躍できるような場を用意していきたいと思っています。
―作品作りの際に、プロデューサーとして心掛けていることはありますか?
プロデューサーだからというわけではないですが、制作として、解らない事や疑問に思った事はすぐ聞くようにしています。個人的には、“次”に繋げていくように、毎回自分の中でハードルを設定して、それを越えていけるように努めています。同じ事を繰り返すのではなく、毎回新しい事に挑戦するように心掛けています。
―A-1 Picturesの良いところはどんなところだと思いますか?
会社自体も若いですし、比較的年齢も若い人たちが中心になっていると思います。同世代の人たちと切磋琢磨できる良い環境ではないでしょうか。
―アニメーション業界(制作)を目指す人へのアドバイスはありますか?
敢えてアニメーションという仕事を選ぶなら、アニメーションで何かやりたい、作りたい、というような目的意識を持って欲しいです。向き不向きもあるし、やってみて分かることもあると思います。やりたいと思う気持ちがあるなら、とりあえずはやってみたほうがいいのではないかと思います。

ページトップへ