• SPECIAL
  • 就活学生必見! 「今春入社予定の内定者に聞いてみた」

SPECIAL

A-1 Pictures Inc.

2020.01.29

就活学生必見! 「今春入社予定の内定者に聞いてみた」

内定までの就活レポート

 

先輩たちはどんな就職活動を経て、A-1 Picturesに入社を決めたのか?

A-1 Picturesの未来をつくる、2020年度入社予定14名の内定者にざっくばらんに語ってもらいました。

ぜひ就職活動のヒントにしてみてください。

 

Q1. どのような就職活動をおこなっていましたか? (時期・準備など

※【 】は入社後の予定配属先

Aさん【制作進行】

3月後半から就職活動を始め、私が志望していたのが「アニメーション制作進行」と「マネージャー業」と「コンサルティング業」でした。準備としては、自己分析を友人や大学の就職指導の先輩などからアドバイスをもらい、その会社の特徴などを調べ面接に行っていました。

Bさん【制作進行】

3月頃から大学で配布していたガイドブックを頼りにセミナーや説明会に行ってました。でもガイドブックに載っている会社には心惹かれる会社が少なかったので、4月5月からは自分の気になる職種で会社をネットで調べて説明会があれば参加したりしていました。

Iさん【撮影】

2月からいろんな会社のホームページをみて、雇用内容等を調べていました。同時期からポートフォリオ提出があるため、それに向けて作品を作り始め、4月初めから1ヶ月かけて志望動機や面接練習(とくに真正面を見て話せる練習)、百問くらいの返答を考えていました。

Yさん【作画】

2月・3月くらいからポートフォリオを作り始め、4月前半頃完成させました。当時アニメーションに関する知識や技術はほとんど持ち合わせていなかったため実技試験の日程が発表されてから練習を始めました。受ける会社は初めから数社に絞ろうと考えていたので日程的にもそれほど苦労することはなかったです。

 

Q2. A-1 Picturesにエントリーした決め手を教えてください。

Cさん【制作進行】

中学生の頃に観ていたアニメ(ソードアート・オンライン)を制作していて、ずっとA-1 Picturesで働きたいと思っていたからです。また、好きな監督さんやイラストレーターさん、作家さんと何度もお仕事をされていて、A-1 Picturesで働ければ一緒に作品を制作できるのではないかと思ったからです。

Dさん【制作進行】

幼い頃からアニメが好きで、自分の好きな作品の多くがA-1 Picturesで制作されていたことと、他のアニメ制作会社と比べてオフィスが綺麗で、福利厚生が整っていたことも決め手になりました。

Jさん【撮影】

好きな作品がたくさんあり、作品のクオリティが高いところです。

Kさん【作画】

日頃からA-1 Picturesのアニメに興味があったことと、早期に会社見学に行けたことです。実際に会社の雰囲気を感じて他社と比較しやすく、具体的に就活のプランを考えられました。

 

Q3. 就職活動を振り返ってポイントを教えてください。

Aさん【制作進行】

「自分がしたいと思った仕事を選ぶ」ということを学びました。実際他企業の面接に行っても、本当にしたいことではなかったので話が全くできず何度も落選していたので、本当にしたいことがあると相手にもこの職業が好きなんだなと感じ取ってもらえることがとても嬉しく、入社して頑張ろうという気持ちにもなりました。

Cさん【制作進行】

会社説明会に参加したので、お会いしたことがある方々に案内や面接をしていただき安心したので、そういう意味でも会社説明会に参加していて良かったと思っています。就活中は忙しく、面接の予定が不定期に入るので、バイトは休職していて良かったです。

Iさん【撮影】

1社しか受けていなかったから気合いがすごく入っていました。応募書類、作品作りを丁寧に時間を掛けてすること。あと本番で緊張しないように、たくさん面接練習をしました。

Nさん【作画】

ポートフォリオ制作を早くから開始したのは良かったと思います。バイト、学校の課題等後期になるにつれ増えていったので、制作に上手く時間をあてられない時があります。大体1年生の6月頃から作品を溜めておいたお陰で支障はなかったので良かったです。

Kさん【作画】

できるだけ早くからポートフォリオを用意しておくことが大切かと思います。後からいくらでも差し替え、アップデートが可能ですし先輩や会社の方に見て頂ける機会もあるので、チャンスを逃さないようにすべきだと思います。

Mさん【作画】

専門学校では、卒業生の方々とお話しする機会を設けてくれているので現役の方々から直接就活のアドバイスを聞いて情報を集めるといいと思います。

 

Q4. 最後に、これから就活する後輩の皆さんへ一言アドバイスをお願いします。

Aさん【制作進行】

アニメ業界の就職活動は、他業種より遅く始まります。本格的に始まる前に早くから他業種の選考を受けておくとグループディスカッション、グループワーク、面接での立ち回り方を身に付けることが出来ます。後悔をしないためにも準備をたくさんしてください。「しなくて後悔することはあっても、し過ぎて後悔することはありません」。

Fさん【制作進行】

すごいしんどいです。どこかで後悔も泣くこともあると思います。そういう時は逃げる。リフレッシュダイジ。

Gさん【制作進行】

今後の人生において、自分は何を大切にしたいのか何があれば働けるかを考えておくといいと思います。

Iさん【撮影】

面接前は時間に余裕を持って、あらかじめ会社の正面入口を把握しておいた方がいいと思います。技術面を磨くだけでなく、面接がたくさんあると思うので、正面を見てちゃんと会話のキャッチボールができるように練習しておいた方が後々助かります。

Oさん【作画】

夢があるなら夢に向かって全力になりましょう。会社を選ぶ基準は、その会社の方向性と自分の方向性を考えて決めるのが大事だと思います。他にも絵を描く以外の映画を観る、写真を撮るなどいろんな体験をして知識を付けるのもおススメです。

Kさん【作画】

就活中は緊張の連続でしたが、とにかくたくさん絵を描き続けることで作画試験、面接等に少しでも自信を持って臨めるように努力しました。頑張って就活にのぞんでください。応援しています!

Lさん【作画】

アニメーターは雲の上の存在ではなく、努力次第では誰でも目指すことの出来る職業だと思います。一緒にいい作品を作りましょう!

(2019年10月、都内某所にて)

 

A-1 Picturesでは2020年3月1日、当サイトにて「2021年度新卒採用情報」を公開します。

アニメを通して感動を与える仕事がしてみたい方、制作会社としてのA-1 Picturesに

興味がある方からのエントリーご応募を心よりお待ちしております。