制作グループ

Production Group

蔡 香穂

制作進行

Kaho Sai

INTERVIEW

インタビュー

Q1.現在の仕事内容を教えてください

制作進行といってアニメの各話数を担当する仕事をしています。自分の担当話数のスケジュールを立てて、作業していただく作画さんを探し、作業に必要な設定等の素材の配布や回収、色々な部署と連携をとって担当話数を完成させていく仕事です。


Q2.入社する前と現在でアニメーション業界に対するイメージは変わりましたか?

私はアニメーション業界をあまり知らずに入ったので、特にイメージがあったわけではなく、社内だけで作業を完結して作品をつくっていると思っていました。実際はそういうわけではなく、社内以外でもたくさんの人が携わっていて、色々な人に支えられてできている業界だなと思いました。


Q3.仕事をしていて嬉しかったこと、やりがいを感じた瞬間はありますか?

初めての作品がスケジュールに恵まれて動仕(動画と仕上げを同時に作業を発注すること)を使わずにつくれたので、クオリティを落とさずにできてうれしかったです。もし、またチャンスがあればやってみたいと思います。きっとその時はもっとやりがいを感じられると思います。


Q4.つらかったことはありますか?またそれをどうやって乗り越えましたか?

アニメーターへの営業です。初めての人に電話をかけることが苦手で、電話をかけるまでにすごく時間がかかってしまいます。電話をしても出てもらえず断られることのほうが多く、パートを埋められないことばかりです。これまでは先輩方に助けていただいていてなんとかやってきたのですが、これからは自分の力で頑張りたいです。

まだ乗り越えるところまではいっていないですが、先輩方から「慣れが重要」と言われているので、慣れるまで頑張ります。


Q5.今後どんなアニメーションを作りたいですか?

オリジナル作品に携わってみたいです。 原作ものも好きなのですが、私は先に原作を読んでしまっていると、映像作品になったとき抵抗があるので、オリジナル作品をつくりたいです。特に青春群像劇が好きなので、高校を舞台にした作品をつくりたいです。