クリエイティブグループ

Creative Group

佐々木 啓悟

キャラクターデザイン・総作画監督

Keigo Sasaki

WORKS

関連作品

INTERVIEW

インタビュー

Q1.アニメーション業界のなかで、アニメーターという仕事を選んだ理由を教えてください。

もともとアニメーションを作りたいというよりも、どうしても絵を描く仕事に就きたかったので、アニメーターに興味を持ちました。試しに描いてみると、小さな世界を自分が手元で創造しているような感覚があって、「これは天職だ!」とその時は思いました…。(仕事にすると結構大変です。)


Q2.キャラクターデザイン・総作画監督の仕事について教えてください。

キャラクターデザインの仕事:   一言で言うと「大勢の作画スタッフが作業するための、キャラクターの設計図をつくる仕事です。」限られた枚数で、キャラクターの造形、性格や個性も表現して、スタッフに伝える必要があります。原作(原案)のある作品は、原作の絵をどうすればアニメ用に魅力あるものにできるか?という観点から設計される事が多いと思います。線や撮影処理が多すぎるとスタッフの負担が増えますし、少なすぎてもキャラの魅力が伝わらなくなったりするので、難しい選択を迫られたりします。

総作画監督の仕事:   作画監督がアニメ1話数の作画における責任者なら、総作画監督は作品全体における作画の責任者です。具体的には作画監督の修正の上からさらに修正を入れて作品全体のクオリティを上げたり、絵柄の統一を図ったりします。確実に自分の描いた絵が放送されますので、嬉しいような恥ずかしいようなお仕事です。


Q3.仕事のやりがいと「アニメーター」に必要なことは何でしょうか?

やりがいを感じられる瞬間はほぼ毎日あります。上手い絵を描けた時、自分のイメージ通りの動きを表現出来た時、作品をお客さんが楽しんでくれた時、仲間と一緒に一つの作品を完成させた時の達成感。逆に上手く描けない時はとても苦しいので、途中で逃げ出したくなります。そのギャップを楽しめる精神的な図太さがアニメーターには必要だと思いますが、正直自分もそんなに図太くないので、あまり気にしなくても大丈夫です。


Q4.アニメーション業界(アニメーター)を目指す人へのアドバイスはありますか?

自分がこの業界に入った時と比べると今のアニメに求められる絵柄や内容はだいぶ変わりました。この先も変化し続けると思いますので、柔軟に、図太く、どうせやるならキャラデや監督を目指して欲しいと思います。そして疲れた時はしっかり休んでまた頑張りましょう。

ありがとうございました。